COVID-19第6波に関して

2021年11月17日

現在のCOVID-19の世界の状況はドイツやオランダ、ウクライナなどの欧州やロシア、アジアでは韓国や中国など北半球で感染者数が再び増加もしくは過去最高を記録している状況です。

新型コロナウイルス 世界の感染者数・感染者マップ|NHK特設サイト

加えて世界の一部地域でインフルエンザの局地的流行もあり、今冬の最悪のシナリオであるCOVID-19 第6波とインフルエンザの同時流行も無いとは言えない状況かと考えられます。

現状、今シーズンの日本でのインフルエンザの流行は報告されておりませんが最悪のシナリオを考慮し今できる対策、インフルエンザの予防接種と各企業様での新型コロナやインフルエンザ患者発生時の対応フローの設定・確認及びPCR検査体制の確立ではないかと考えられます。

今後は恐らくですがPfizer社から発売される新型コロナの経口治療薬がGame Changerとなりうると考えられます。

発売及び時期は未定ですが恐らく日本導入は来年当初になると思われますのでそれまでは気を抜かずに、しっかり個々の健康管理及び感染拡大予防に努めて頂ければと思います。