薬物依存

2019年11月07日

田代まさしさんの覚せい剤所持、国母和宏さんの大麻密輸と違法薬物での逮捕者報道が続きましたね。

僕には臨床医としては救急外来で、産業医としては産業医面談で、薬物依存の方との接点は意外とあります。

救急外来では概ね意識障害や行動異常で救急搬送されてきてトライエージ®という違法薬物の尿検査キットで調べて違法薬物中毒と判明するケースがあります。

産業医面談では勤怠不良もしくはメンタル不調の方で面談を進めていくうちにアルコール依存である事が判るケースや定期健康診断結果で特徴的な検査結果でアルコール依存が明らかになるケース、メンタル不調の方で頭痛に対し痛み止めを乱用してしまい薬物乱用頭痛に陥っているケースなどを散見致します。

また、喫煙者の方もニコチン中毒ではありますので自分の意思で止められない様であれば薬物中毒と言えます。

薬物に依存してしまう人の気持ち、分かる気がします。

今、ある程度恵まれていて家族や友人からも必要とされているので’今’を保てているだけで、もし仕事もうまくいかず家族や友人からも見放されてしまったら・・・と考えると非常に恐ろしく、その恐怖や不安から逃げる為に薬物を使用してしまう、一度使用してしまうと抜け出せない、という状況は誰でも容易に起こりうる事ではないでしょうか。

薬物依存もメンタル不調もプレッシャーや恐怖、不安からうまく逃げられなかった人の不幸な結果ではないかと思います。

当社はクライアント企業様の社員さんには不幸な結果を避けて楽しい人生を送れる様に最大限のサポートをさせて頂きたいと考えておりますので是非当社ご活用頂ければと思います!